2017年(平成29年) 11月18日

沖縄タイムス+プラス ニュース

本場のエイサーに2万人歓喜 うるま市エイサー、きょう最終日

 【うるま】第11回うるま市エイサーまつり(主催・同実行委員会、共催・うるま市、沖縄タイムス社)の本祭りが3日、与那城総合運動公園陸上競技場で始まった。市内の青年会や子ども会など6団体が出演。約2万人が来場し「元祖エイサーの里」で本場の舞に酔いしれた。

躍動感のある演舞でトリを飾った屋慶名青年会=3日、うるま市・与那城運動公園陸上競技場(喜屋武綾菜撮影)

 本祭り初日のトリは120年以上の歴史を持つ屋慶名青年会。赤や金色の鮮やかな衣装で美しい隊列変化を見せ、観客を魅了した。

 沖縄市からカップルで訪れた比嘉浩子さん(28)は「勝連方面のエイサーはあまり見たことがないので、有名な屋慶名や平敷屋の演舞が間近で見られてうれしい」と声を弾ませていた。

 本祭り最終日は4日午後4時半から。市内外の青年会や獅子舞など、6団体が出演する。

【エイサーまつり!】 輝くあなたが写っているかも!

 

 「沖縄タイムス フォトギャラリーDL」では、沖縄各地のエイサーまつりの写真がご覧いただけます。輝くあなたや家族、友人が写っているかも。がんばった証しに、仲間との思い出に、チェックしてはいかがでしょうか?

【エイサーまつり ※随時追加予定】
・第12回うるま市エイサーまつり
・第28回名護市青年エイサー祭り
・第16回うらそえ青年祭

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間

注目トピックス