第11回うるま市エイサーまつり(主催・同実行委員会、共催・うるま市、沖縄タイムス社)が4日、沖縄県うるま市の与那城総合公園陸上競技場で最終日を迎えた。市内外の青年会や獅子舞など6団体が地域に伝わる伝統の舞を披露し、集まった2万5千人を魅了した。

力強い太鼓の音を響かせ、躍動感ある演舞で会場を沸かせた天願青年会=4日夜、うるま市与那城総合公園陸上競技場

 大トリは昆布青年会。一糸乱れぬ美しいばちさばきを見せ、曲調がアップテンポになるとダイナミックな演技で沸かせた。家族で来場した山根豊さん(42)=市平安名=は「太鼓の音が体に響くと気持ちも高まる。夏を感じる」と楽しんでいた。

 フィナーレでは、打ち上げ花火110発が上がり、夜空を彩った。