沖縄気象台によると6日午前9時、宮古島の北北西約90キロにあった熱帯低気圧が台風13号になった。先島地方はすでに強風域に入っている。台風は発達しながらゆっくりとした速さで北東に進み、久米島地方が同日昼ごろに、沖縄本島南部は昼過ぎから夕方にかけて強風域となる恐れがある。
  同日午前9時現在、台風の中心気圧は1002ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで、中心から東側170キロ、西側130キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。【沖縄タイムス+プラス編集部】

台風13号の進路予想図(9月6日9時現在、気象庁HPから)