全日本クラブ野球選手権大会を初制覇したビッグ開発ベースボールクラブが6日、優勝旗やメダルを手に凱旋(がいせん)した。那覇空港には家族やビッグ開発社員らが出迎え、創部8年でつかんだ快挙をたたえた。

全日本クラブ選手権で優勝し祝福の花束を受け取る山根直樹主将(手前左)ら=那覇空港

 ビッグ開発は1回戦で茨城ゴールデンゴールズ、続く準々決勝で大和高田クラブといずれも優勝経験のある強豪を破って勢いに乗り、準決勝、決勝を1点差で競り勝ち頂点に上り詰めた。

 山根直樹主将は「目標の日本一になれたのは皆さんの応援のおかげ。日本選手権も『全力疾走』『大きな声』『全力プレー』で強敵を倒したい」と出場を決めた社会人日本選手権に意気込んだ。

 下地剛監督は「選手たちは仕事もしながら頑張ってきた。社会人として、有言実行できたことは素晴らしい」とナインを褒めた。

 娘、孫と共に下地監督を出迎えた妻知佐子さん(53)は「テレビで見た時、眠れていない様子だった。練習場も転々として頑張っていた。本当にお疲れさま」とねぎらった。