全国で初めて行われた1996年の県民投票。前年にあった米兵暴行事件をきっかけに、米軍基地問題が大きくクローズアップされる中、基地の整理・縮小と日米地位協定の見直しの賛否を問うものだった。あれから20年。普天間飛行場は動かず、辺野古の新基地建設を巡り国と県が対峙(たいじ)する。