【多良間】国指定重要無形民俗文化財「八月踊り(多良間の豊年祭り)」が8日、多良間村仲筋の土原(んたばる)御願(うがん)で始まった。集落の住民総出で踊りや狂言、寸劇、組踊など多彩な演目を披露。島外で暮らす島出身者や観光客でにぎわい、島の伝統芸能を楽しんだ。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。