米国の元軍人らでつくる平和団体の「ベテランズ・フォー・ピース」のメンバーが8日、浦添市の米国総領事館のジョエル・エレンライク総領事を訪ね、沖縄からアメリカ軍基地を撤去するよう求めた。 タラック・カウフ共同代表(74)は「県民が求める米軍基地の撤去をわれわれも支持していると、米国総領事に伝えた。