沖縄本島地方は前線の影響で大気の状態が非常に不安定となっており、9日午前も各地で激しい雨が降った。午前10時現在、沖縄気象台は沖縄本島北部の大宜味村以外の地域に大雨警報を出している。

気象庁HPより

 これまでに降った雨で地盤が緩んでいるとして、国頭地区、名護地区、恩納・金武地区は昼前まで、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒するよう呼び掛けている。

 また本島中南部も9日夕方まで、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意が必要としている。