泊港や、同港とつながる7離島の魅力を発信する「とまりんフェスタ2016」(主催・同実行委員会、共催・那覇港管理組合、沖縄タイムス社)が9日夕、那覇市前島のとまりん特設会場で始まった。11日まで。

オープニングセレモニーでテープカットする実行委員会メンバーや市町村の代表ら=9日、那覇市前島・とまりん特設会場

 初日のスペシャルライブでは県内のジャズ界を代表する「寓話カルテット」や安富祖貴子さんがセッションなどで歌声を披露し、会場を盛り上げた。

 10~11日に開かれる「わったー島ごはんグランプリ」には、5島の自慢のごはんを投票券付きチケット(1組千円、3食分)を購入して参加できる。10日には初開催の「わったー島のど自慢大会」やマグロの解体ショーが、11日にはちびっこ角力大会などもある。

 実行委員会会長を務める泊ふ頭開発の上地安智社長は「とまりんは島々をつなぐ拠点」とあいさつ。ドラムを習っているという山田創太郎さん(9)は「ジャズや食べ物を楽しみたい」と話した。