「せんべろ」が那覇市の第一牧志公設市場やその周辺の立ち飲み屋、屋台などの人気メニューだ。お酒などのドリンク3杯におつまみがついて千円。千円でベロベロに酔えるということが呼び名の由来になっている

▼マチグヮーの飲み屋で隣り合った同士で意気投合し、地元客が観光客にお勧めスポットを紹介する光景がよくある。人との触れ合い、語り合いが人気の源になっている

▼飲めば、トイレが近くなるのは当然の生理現象。周辺のトイレ不足が問題化している。「立ち小便厳禁 見つけたら、即出入り禁止」という立て看板を見かけたことがある。住民らから苦情も寄せられているという

▼マチグヮーのトイレ問題を考える地域円卓会議が先月31日、那覇市内で開かれ、商店街関係者や飲食店経営者、市職員らが問題解決に向けた方策などを話し合い、公衆トイレの増設などを求める声が上がった。(本紙5日付27面)

▼来店客にとっては日々の憂さを晴らす酒場でも、住民や商店主にとっては生活や営業の場。家や店の周囲で立ち小便をされたら大迷惑だ。酒を楽しむにもルールが不可欠だ

▼マチグヮーだけに限った話ではないだろう。人が集まれば、同様の問題が必ず浮上する。県は観光客1千万人を目指している。トイレ需要から沖縄観光を検証することも必要だ。(与那原良彦)