女性に地元の食や農業、地域の魅力を伝えようと、JAおきなわ(大城勉理事長)は10日、那覇市寄宮の真和志支店で「女性大学フロレレ」を開講し、20~40代の女性30人が第1期生として入学した。農産物の流通過程の見学や収納棚作り、プロに教わるメーク術など、来年3月11日まで5講座が開かれる。

真剣な表情で講師の徳元佳代子さん(手前左)の話に聞き入る受講生ら=10日、那覇市寄宮・JAおきなわ真和志支店

 入学式では学長の大城理事長が「楽しく学びながら、女性ならではの感性や教養を高めてほしい」と激励。受講生による自己紹介もあった。この日は第1回講座があり、シニア野菜ソムリエの徳元佳代子さんが、食材の成分やその機能を説明しながら子ども向けの弁当作りを教えた。南城市の宮下泉さん(37)は「託児所もあって参加しやすい環境だった。幅広い知識を得て、家庭の中に生かしたい」と意気込みを話した。