豊見城南は、球陽先発右腕の球威が落ちた終盤を逃さなかった。0-1の八回、それまで散発4安打に抑えられていた打線が安打と犠打で1死二塁のチャンスをつくると、照屋圭二郎監督は「代打の切り札。流れを変えてくれる」と金城周樹を打席に送った。 1ボールからの2球目。