気象庁によると13日午前3時に、南シナ海で台風15号が、フィリピンの東の海上で16号がそれぞれ発生した。熱帯低気圧から変わった。猛烈な勢力に発達した14号と合わせ3個の台風が西北西へと進んでいる。14号は勢力を保ったままバシー海峡に向かうとみられる。沖縄の先島地方には波浪注意報が発表され、13日はうねりを伴いしける見込み。

台風14、15、16号の進路予想図(気象庁HPから)

 16号の中心気圧は1000ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで、中心から半径170キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。時速約20キロで発達しながら西北西に進んでおり、16日にも沖縄の南に接近するおそれがある。中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートルが予想される。

 14号は13日午前3時現在、フィリピンの東の海上にあって、暴風域を伴いながら時速約25キロで西北西に進んでいる。中心気圧は905ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は60メートル、最大瞬間風速は85メートルで、中心から半径110キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。

 15号はこの後、熱帯低気圧に変わる見込み。【タイムス+プラス編集部】