ソニー企業(東京)の菅原健一社長が12日、沖縄県庁に安慶田光男副知事を訪ね、銀座ソニービルで開催した「ソニー アクアリウム」の来場者が昨年比約1・2倍の約54万6千人に達したことを報告した。県観光功労者賞感謝状を贈られたことにも感謝した。

銀座ソニービルで開催された「ソニーアクアリウム」

ソニーアクアリウムの来場者数などについて安慶田光男副知事(左)に報告するソニー企業の菅原健一社長

銀座ソニービルで開催された「ソニーアクアリウム」 ソニーアクアリウムの来場者数などについて安慶田光男副知事(左)に報告するソニー企業の菅原健一社長

 イベントでは7月15日から45日間、同ビルの屋外に14トンの水槽を置いて約500匹の熱帯魚を展示。ほか映像などを通じて沖縄の自然を学べるようにした。同ビルは建て替え作業のため来年3月で営業を終え、2022年秋に再オープンする。安慶田副知事は「小規模でもイベントを継続し、沖縄をPRしてほしい」とした。