沖縄県東村高江周辺の米軍北部訓練場のヘリパッド建設工事で、防衛省は13日午前、陸上自衛隊の大型輸送ヘリCH47を使った重機やトラックなどの搬入作業を始めた。

トラックをつり下げて、搬入する陸上自衛隊の大型輸送ヘリCH47=13日午前10時すぎ、東村高江と国頭村安波の境付近

 ヘリは午前9時10分ごろに、重機をつり下げ、同訓練場メーンゲート付近を離陸。同15分には、建設予定地のG・H地区に降ろした。午前10時50分までに重機とトラックの計3台の搬入を終えた。

 工事に反対する市民らはN1地区出入り口などで工事への抗議と警戒を続けている。