自民党本部の二階俊博幹事長は13日夕、就任後初めて来県し、那覇市内で県連役員と意見交換した。党本部と県連の連携を密にするため、党本部に沖縄担当の副幹事長4人を配置する考えを初めて示した。

自民党県連の役員との意見交換であいさつする党本部の二階俊博幹事長(左)=13日、那覇市・自民党県連

 意見交換で二階氏は、全国の都道府県連に先駆けて沖縄を訪れたことを強調した上で「意見を聞くだけでは役に立たないので、できる限りのことを実行し、職責をまっとうしたい」と述べた。

 県連によると意見交換では、参院選で前沖縄担当相の島尻安伊子氏が敗れたのは基地問題や米軍関係者の事件・事故などへの反発が要因だったことを確認したほか、党と県連が連携して沖縄振興などに取り組む方向を話し合った。

 14日は翁長雄志知事や公明県本、経済界関係者らとの会談を予定している。