【東京】参院会派「沖縄の風」の糸数慶子議員、伊波洋一議員と恵泉女学園大学の上村英明教授は14日、東京の日本外国特派員協会で会見した。米軍北部訓練場のヘリパッド建設に反対を表明。強行な日米両政府の姿勢を海外に伝えるため沖縄県東村高江を訪れるよう訴えた。

ヘリパッド建設反対声明を発表する(左から)伊波洋一氏、糸数慶子氏、上村英明氏=14日、東京の日本外国特派員協会

 13日には、陸上自衛隊のヘリコプターが重機などを空輸し、それを海上自衛隊の輸送艦が支援した。糸数氏は「ヘリを投入する法的根拠は曖昧。不快で県民の反発は非常に強い」と強調した。県内での独立に関する動きを問われ「本土復帰しても県民の命や人権、自己決定権が抑圧されている。声を聞き入れない政府への意思表示の一つの動きとして独立を訴える人もいる」と述べた。

 警視庁などの機動隊の大量導入に対する翁長雄志知事の対応を問われた伊波氏は「公安委員会の委員を辞めさせる仕組みが知事にはない。警視以上は国家公務員になるなど、国の意志が反映される形になっている」と説明した。防衛相や外相に参院外務防衛委員会で日本環境管理基準について質問したが、回答が返ってこなかったとし、「米政府や議会へ環境保全のルールを守り、米軍が勝手に運用しないよう求めたい」と語った。

 会見を取材したフランスメディアの記者は「高江でメディアが機動隊に排除拘束されたことにショックを受けた。日本のメディアはもっと批判すべきで今の対応は不十分だ」と主張した。