格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションは14日、那覇発着路線の累積搭乗者数が8月末に200万人を突破したと発表した。

 9月に就航3年を迎える那覇-台北(台湾)線は、累計搭乗者数が35万人を突破。月に1回、沖縄で髪を切るため台湾から搭乗する客もいるという。

 同社は2012年10月、初めての沖縄関係路線として那覇-関西線を就航した。現在は那覇-台北、福岡、香港、仁川(韓国)、成田を加えた計6路線を運航している。