「ブックパーリー OKINAWA 2016」(主催・同実行委員会)が15日から沖縄県内各書店を中心に開かれる。11月6日まで。2年ぶり4回目で、期間中は各書店でバーゲンフェアや絵本の読み聞かせ、朗読劇などの催しを行う。県内の書店など約30店が参加。本の購入者にはオリジナルブックカバーをプレゼントする。

ブックパーリーOKINAWA2016をアピールする森本浩平委員長(左端)ら実行委員=14日、沖縄県庁

 15日は那覇市のリブロリウボウブックセンター店で第18回県産本フェアが開かれる他、読谷村の大城書店や金武文化堂でバーゲンフェアもある。

 森本浩平実行委員長は、「人生を変える本との出合うきっかけになってほしい。1冊でも多く本を手にとってもらえるよう、近くの本屋に足を運んでもらえたら」と来場を呼び掛けた。