強い台風16号は、16日午前6時現在、フィリピンの東にあり、時速25キロの速さで北西に進んでいる。発達しながら次第に北寄りに進路を変え、先島諸島に17日の朝から昼前にかけて最接近する見込み。石垣島地方と与那国島地方は16日夜から、宮古島地方は17日朝から暴風域に入る恐れがある。

台風16号(16日6時現在、気象庁HPから)

 中心気圧950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速40メートル、最大瞬間風速60メートル。中心から半径90キロ以内は風速25メートル以上の暴風域。北東側330キロ以内と南西側220キロ以内では15メートル以上の強風域。

 台風が東寄りに進むと沖縄本島地方は17日にも強風域に入る可能性がある。

 先島諸島は台風接近に伴い、16日夜のはじめ頃から大しけ、17日未明からは猛烈なしけとなる見込み。大潮の時期と台風接近が重なり、潮位が高くなる恐れがあるとして気象台は警戒を呼び掛けている。

 沖縄旅客船協会によると、15日は本島や石垣と周辺離島を結ぶ便が18便欠航した。16日は石垣と波照間を結ぶ8便、石垣と与那国を結ぶ2便が欠航するほか、石垣と周辺離島を結ぶ午後の便でも欠航予定。