豊見城市与根の漁港近くで車を走らせていると、大きな日傘と白いおしゃれなパーラーが目に留まった。中から顔を出したのは店を営む丸山誠さん(43)、えりなさん(35)夫妻。おすすめのさとうきびジュース(350円)を飲んでみると、すっきりした甘さが口に残った。

たっぷりの野菜を煮込んだ酵素玄米ベジカレー

「パーラーも音楽もマイペースで」と話す丸山誠さん(右)とえりなさん=豊見城市与根

パーラー・ド・ジュジュモの場所

たっぷりの野菜を煮込んだ酵素玄米ベジカレー 「パーラーも音楽もマイペースで」と話す丸山誠さん(右)とえりなさん=豊見城市与根 パーラー・ド・ジュジュモの場所

 「パーラー・ド・ジュジュモ」は「体にいいものをお客さんに食べてほしい」との願いを込め、2人が3年半前に開店した。サトウキビは無農薬、無肥料で育てた自前のもの。近くの農家から直接仕入れた野菜が入った「酵素玄米ベジカレー」(600円)はリピーターも多い。

 「ベジカレー」は長野県出身の誠さんが東京でバーテンダーをしていたころ、店のスリランカ人に教えてもらった味を再現した。タマネギやピーマン、セロリやトマト、スパイスを3日間かけて、200%煮詰めて水分を飛ばす。

 「肉に負けないコクがあるんです」と誠さん。ピリ辛で酸味のあるカレーは、プチプチとした食感の玄米ライスとよく合う。えりなさんは「体格のいい男性でも、夕方までおなかが減らなかったと言ってくれますよ」と話した。

 野菜のソテーをパンにはさんだ「ベジタブルバーガー」(350円)も人気が高い。開店が午前8時と早いため、通勤途中にコーヒーを買い求める客もいるという。

 2人は「jujumo」の名前で活動するミュージシャンでもあり、ライブイベントと平行して多忙な毎日だ。誠さんは「お客さんから『えっっ、音楽やってるの』とよく言われ、そこから会話が弾みます。店も音楽も生活の一部ですね」とリラックスムードだ。「ゆっくりしたペースでどちらも頑張りたいな」と笑顔を絶やさない。(南部報道部・天久仁)

 【お店データ】豊見城市与根490の3。営業時間は平日午前8時~午後1時。土日祝日は午前11時~午後4時。電話080(4278)8150。