映画「ジョーズ」のモデルになったホホジロザメの母親が、子宮内でミルクを出して赤ちゃんを育てていることが、沖縄美ら島財団(沖縄県本部町)の研究で分かった。マンタなどでは知られているが、サメで確認されたのは初めて。財団は「世界的にも非常に貴重な報告」と説明する。

妊娠初期のホホジロザメの赤ちゃん。全長は55センチ(沖縄美ら島財団提供)

子宮の内壁から供給されるミルク(矢印部分)=沖縄美ら島財団提供

妊娠初期のホホジロザメの赤ちゃん。全長は55センチ(沖縄美ら島財団提供) 子宮の内壁から供給されるミルク(矢印部分)=沖縄美ら島財団提供

 財団は2014年、読谷村沖の定置網で死んでいた妊娠初期の雌を解剖することに成功した。子宮内で赤ちゃん6匹と脂質を多く含むミルクを確認した。

 さらに16年、妊娠後期の雌も同様に解剖して比較すると、ミルクを出していた子宮内の突起が代わりに酸素を供給する形に変化していた。この頃の赤ちゃんは、母親が供給する無精卵を食べて育つことが以前から知られている。

 6人からなる研究チームの代表、財団総合研究センター動物研究室の佐藤圭一室長は「子宮を劇的に変化させ、赤ちゃんの栄養源を途中で切り替える仕組みは想像すらしなかった」と驚く。「ミルクは早く育てるのに適している。その無精卵に切り替え、胎内で大きくしてから出産する。捕食者から守るための戦略だろう」と指摘した。

 研究成果は16日、英国のオンライン学術誌で公開された。