非常に強い台風16号は16日午後9時現在、与那国島の南約270キロにあり、時速20キロで北北西に進んでいる。台風は発達しながら北上し、17日昼前には八重山地方に最接近する見込み。沖縄気象台は、与那国島地方に甚大な災害をもたらした昨年の台風21号に匹敵する被害が出る恐れがあるとして、先島諸島では暴風、高波、大雨、高潮に厳重な警戒を呼び掛けている。

台風16号の進路予想図(気象庁HPより)

 中心気圧は940ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。八重山地方は17日明け方から暴風域に入る見込み。予想される最大瞬間風速は八重山地方が65メートル、宮古島地方は35メートル、沖縄本島地方は25メートル。18日午前0時までの八重山地方の24時間予想雨量は150ミリ。

 沖縄旅客船協会によると16日は那覇や宮古、石垣と周辺離島を結ぶ155便が欠航した。那覇と南北大東島を結ぶ便は20日に出航を延期する。

 17日の船舶は宮古や石垣の229便が欠航する。空の便は日本トランスオーシャン航空が22便、琉球エアーコミューターが14便、全日空が22便の欠航を決めており、約4370人に影響が出る。