9秒でまるわかり!

  • 辺野古違法確認訴訟で、国側請求を全面的に認めた県側敗訴の判決
  • 裁判長「騒音被害を除去するには辺野古に新基地建設しかない」
  • 県側は最高裁へ上告する方針で、年度内にも判決が確定する

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡り、石井啓一国土交通相が翁長雄志知事を訴えた「辺野古違法確認訴訟」で福岡高裁那覇支部(多見谷寿郎裁判長)は16日、国側の請求を全面的に認め、県側敗訴の判決を言い渡した。多見谷裁判長は「普天間飛行場の騒音被害を除去するには、辺野古に新基地を建設するしかない」と指摘。翁長知事が下した辺野古の埋め立て承認取り消しの違法性を認め、国の是正指示に従わず違法に放置していると認定した。

多見谷寿郎裁判長

判決の骨子

判決後の集会で新基地建設反対を訴えガンバロー三唱で気勢を上げる参加者=16日午後、那覇市楚辺

多見谷寿郎裁判長 判決の骨子 判決後の集会で新基地建設反対を訴えガンバロー三唱で気勢を上げる参加者=16日午後、那覇市楚辺

 在沖海兵隊の地理的優位性や抑止力などを理由に埋め立ての必要性を認めるなど、国の主張に沿った内容であり、県民の反発が高まるのは必至だ。

 辺野古の埋め立て承認や取り消しを巡り、司法判断が下るのは初めて。県側は判決を不服として、23日までに最高裁へ上告する方針で、年度内にも判決が確定する。

 訴訟では知事が取り消し権を行使できる裁量や、国が都道府県の事務に介入できる範囲が争点となった。

 判決は承認取り消しについて「処分の違法性を判断するには、仲井真弘多前知事の承認処分を審査する必要がある」と指摘。「前知事の判断に瑕疵(かし)はない」とし、翁長知事の取り消しは裁量を逸脱しているとした。

 国交相の是正指示は「都道府県の法定受託事務の処理が違法であれば、指示が許可される」と述べ、適法と判断した。