名護市辺野古の新基地建設を巡る違法確認訴訟で16日、福岡高裁那覇支部は沖縄県敗訴の判決を下した。これまで外交事項は「統治行為論」を持ち出して判断を回避してきた司法が、十分な証拠調べをしないまま国側の主張を「一方的に認定」(県幹部)した。