<稲嶺名護市長>「納得せぬ」県の上告に支援方針

判決への受け止めを語る稲嶺進名護市長=16日、名護市役所

県敗訴の判決について感想を述べる佐喜真淳・宜野湾市長=16日、宜野湾市役所

判決への受け止めを語る稲嶺進名護市長=16日、名護市役所 県敗訴の判決について感想を述べる佐喜真淳・宜野湾市長=16日、宜野湾市役所

 【名護】稲嶺進名護市長は16日、辺野古違法確認訴訟の判決を受け「納得できない。国の言い分を追認する結果にとどまっている」と批判した。記者団の質問に答えた。

 稲嶺市長は「民主主義、地方自治のあり方が問われる裁判だが、いずれも(県の)言い分が届かなかった。とても中立とは言えない」と指摘。辺野古移設が基地負担軽減になるとの判決に「古い普天間飛行場の代わりに最新式の基地を造る。これが負担軽減につながるとは、ほとんどの県民が思っていない」とし「県が最高裁に上告するなら、私も含め県民が支援する」と述べた。

<佐喜真宜野湾市長>「双方が努力を」協議加速促す

 【宜野湾】辺野古違法確認訴訟で県敗訴の判決を受け、宜野湾市の佐喜真淳市長は16日、「司法の判断は重い」とする一方、「争うばかりでなく解決のため双方が努力を」と述べ、米軍普天間飛行場の返還に向け国と県双方に協議の加速を促した。同市役所で記者団の質問に答えた。
 判決が「普天間の被害除去には辺野古新基地の建設以外にない」と言及したことについて問われると、佐喜真氏は「そういう言葉が示されたことは、むしろ政府や県が真摯(しんし)に判断してもらいたい」と述べ、自らの考えを示すのは避けた。