非常に強い台風16号は、17日午後2時には与那国島の北北西約70キロにあって、与那国島を暴風域に巻き込みながら時速20キロの速さで北へ進んでいる。八重山地方は猛烈な風が吹き、海は猛烈なしけとなっている。与那国島地方と竹富町では、17日夕方にかけて、1時間に80ミリの猛烈な雨が降る恐れがある。沖縄気象台は、八重山地方で暴風、高波、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水やはん濫に警戒するよう呼びかけている。

非常に強い台風16号で海は大しけとなり、高波がしぶきを上げ歩道に押し寄せた=17日午前8時ごろ、石垣市

台風16号(17日14時、気象庁HPから)

非常に強い台風16号で海は大しけとなり、高波がしぶきを上げ歩道に押し寄せた=17日午前8時ごろ、石垣市 台風16号(17日14時、気象庁HPから)

 中心気圧は930ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで、中心の東側110キロ以内と西側70キロ以内は風速25メートル以上の暴風域となっている。また、中心の東側280キロ以内と西側220キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 台風は今後勢力を維持したまま与那国島の北海上を北上し、18日は進路を東よりに変えて、19日にかけて東シナ海を進む見込み。【沖縄タイムス+プラス編集部】