県議会与党会派、共産所属の西銘純恵氏(浦添市区)は16日、浦添市長選で現職に対抗する候補者擁立の準備を進める与党県議2氏に対し、共産を含めた「オール沖縄」の枠組みで市長選に臨むよう求める文書を提出した。

浦添市役所

 西銘氏は那覇軍港の浦添への移設を巡り、現職が反対から賛成に転換したことを「公約破り」として移設に反対する候補者の擁立を要望。文書では翁長雄志県政を支え、名護市辺野古の新基地建設に反対する「建白書」の実現を掲げることも盛り込んでいる。

 反現職の候補者擁立は、県議会与党会派で浦添市区選出の赤嶺昇氏(おきなわ)、当山勝利氏(社民・社大・結)と野党市議、市内経済関係者が協議を進めている。

 反現職勢力には軍港移設に賛成・反対のどちらの意見もあるため、市長選では計画見直しを視野に、当選後に市民の民意を改めて確認することを主張する考えがある。