「悲観はしていない。まだ県の負けは確定していない」。16日夕、県幹部は強調し、最高裁で闘う意思を鮮明にした。 「辺野古違法確認訴訟」で福岡高裁那覇支部の多見谷寿郎裁判長は、国側の請求を全面的に認めた。訴訟では、県の答弁書提出前に争点整理案を双方に提示。「判決に従うか」と県側をただした。