【東京】鶴保庸介沖縄担当相は20日の閣議後会見で、名護市辺野古の新基地建設を巡る「辺野古違法確認訴訟」で国側の主張が認められた判決が出たことでの沖縄振興への影響について、「判決を見て(振興策を)進めたり、よどんだりすることは全くない」と述べ、影響しないとの考えを強調した。

米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設を巡る訴訟で、判決が言い渡された福岡高裁那覇支部の法廷=16日午後(代表撮影)

 また、判決への沖縄県と政府の対応については、「判決の確定後は判決を順守し、その趣旨に従った手続きを実施するとの和解条項がある。そのことに淡々と従っていくことを期待している」と述べた。