フォーモストブルーシール(水田正明社長)は20日、浦添市の牧港本店隣に体験型ミュージアム「ICE PARK(アイスパーク)」をオープンした。初日は予約だけで70人が、好みのアイスバーにトッピングを組み合わせた「世界に一つだけ」のオリジナルアイス作りに挑戦した。

世界で一つだけのアイス作りができる「ICE PARK」がオープン

 オープニングセレモニーではテープカットがあり、関係者約80人が祝った。水田社長は「アイスを通して次世代の子供たちに夢や想像を与え、地域貢献を果たす施設となってほしい」と望んだ。松本哲治浦添市長は「市のランドマークとして県民や観光客に広まってほしい」と激励した。

 パークは同社の歴史を紹介するコーナーや飲食スペースを備え、アイスの製造工程の見学や、マイナス20度の冷凍庫体験もできる。

 アイス手作り体験料は1人1千円(税込み)。電話か同施設ホームページから予約が必要。問い合わせは電話098(988)4535。