【東】米軍北部訓練場へのヘリパッド建設に伴い東村高江区への直接交付金制度を国に求めている伊集盛久村長は20日、「基地は完成するわけだから何の補償もなく後で泣き寝入りすることはできない。この時点で要請した方がいいと思った」と述べた。村議会9月定例会の一般質問で、仲嶺眞文氏の質問に答えた。

伊集盛久東村長

 経緯について「高江区が2回反対決議をして要望できない立場を理解して、村長の責任において要請した」と説明した。ヘリパッドの影響については「集落を囲むように建設され、従来以上に騒音が影響する」と予測した上で、「訓練区域を太平洋と山岳地帯にも広げ、高江に影響がないように要望していきたい」との姿勢を示した。