伊江島の北海岸に面する観光名所「湧出」付近にある岩が、まるで映画のキングコングのよう-。そんな話題が、付近で魚釣りを楽しむ村民からの情報がきっかけで、伊江村議会でも取り上げられた。村は今後名称など決めて、民泊で訪れる生徒や観光客にPRしたい考え。新たな観光資源となるか、注目だ。

伊江島の北海岸に面する観光名所「湧出」付近にある岩=伊江村

 湧出海岸に向かう途中に、この岩がある。13日の村議会9月定例会一般質問で、亀里敏郎氏が「仮称ゴリラ・キングコング岩」として取り上げた。県内の他地域でも、特徴のある形をした岩を見ようと多くの観光客が来ていると指摘し、今回見つかった岩を「映画に登場するキングコングに勝るとも劣らない風格で鎮座している」と絶賛。村の新たな観光資源にと提言した。

 現場確認した島袋秀幸村長は「自然のなせる技だ」と答え、観光名所となるよう検討したいと述べた。村は「城山(タッチュー)も西側から見ると、空を見上げるゴリラのように見えるという話も聞いている。観光客が興味を引くようなストーリーを考えたい」としている。