名護市辺野古の新基地建設を巡る違法確認訴訟で、県は23日、最高裁へ上告する。16日の福岡高裁那覇支部の判決には憲法違反や法令解釈に誤りがあると主張する。23日に高裁那覇支部へ上告手続きに必要な書類を提出する。

米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設を巡る訴訟で、判決が言い渡された福岡高裁那覇支部の法廷=16日午後(代表撮影)

 最高裁が県の上告理由を認めた場合、審理に入る。その場合、早ければ年度内にも判決が確定する見通し。

 高裁判決は、辺野古沿岸部の埋め立てを承認した仲井真弘多前知事の判断に裁量権の逸脱はないと判断。瑕疵(かし)のない承認を取り消した翁長雄志知事の判断は違法で、国土交通相の是正指示は適法だと結論づけた。

 さらに、国の主張を全て認め、「新基地建設をやめるには普天間飛行場の使用を継続するしかない」などと指摘したことから、県側は十分に審理しないまま事実認定しているとして、最高裁に上告する考えを示していた。