琉球大学工学部の男性准教授が、民進党の蓮舫代表について「出自を偽り大臣まで務めた女工作員だ」などとツイッターに書き込み発信していたことが21日までに分かった。「名誉棄損(きそん)」「ヘイトスピーチ」といった批判が相次ぎ、書き込みは削除された。琉大広報室によると、書き込みを問題視する意見などが20日になって大学側に複数寄せられたため、工学部長が口頭で指導、注意した。広報室は「差別的な言動に値すると考えている」と話している。

琉球大学

 男性准教授は14日、自身のツイッターで「出自を偽り大臣まで務めた女工作員である。彼女のうそ偽りと裏切りは台湾と台湾人の自尊心や自意識をひどく傷付ける。日本政府は日台間の外交問題に発展する前にしかるべき対応を示すべきだと思う」と発信。

 民進党の臨時党大会で蓮舫氏が新代表に選出された15日には、「本質的な問題は、野党とはいえ、党首の座に二重国籍者、精神も魂も日本人ではない華僑を容認した『前例』である」などと発信していた。

 本紙取材に対し、男性准教授は「レイシスト(人種差別主義者)と批判されたが、私には台湾の友人もいるし、台湾人を差別したつもりはない。決してレイシストではない」と説明。

 「女工作員」という言葉を使ったことについては「蓮舫氏のこれまでの政治姿勢や政治家としての資質に怒り、つい感情的になり、きつい言葉で書き込んでしまった」と話し、「関係者に迷惑をかけたことに、大変申し訳なかった」と謝罪した。