沖縄県警糸満署は22日、酒を飲み無免許で車を運転したとして、糸満市の男子高校生(18)を道交法違反(無免許・酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。調べに対し「間違いない」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は22日午前3時51分ごろ、糸満市賀数の県道で、無免許の上、酒気を帯びた状態で軽乗用車を運転した疑い。

 パトロール中のパトカーがライトをつけずに走っていた容疑者の車両を発見。停止を求めたところ逃走したが、現場近くの塀にぶつかって止まった。同署によると、呼気から基準値以上のアルコールが検出された。