沖縄タイムス+プラス ニュース

フィリピンでボクシング修業、夢は五輪 中学生サウスポー・成上聖斗

2016年9月22日 15:39

 フィリピンで1年間、武者修行し、腕を磨いた中学生のサウスポーボクサーがいる。大阪府出身の成上聖斗(13)=沖縄カトリック中2年。8月の全日本アンダージュニア決定戦36キロ級では、左ストレートを武器に3回TKOで優勝するなど実力は折り紙付きだ。

サンドバッグを打ち込む成上聖斗=中城村・琉豊ボクシングスタジオ

 小2の時、大阪の井岡ジムで現世界ボクシング機構(WBO)世界バンタム級王者マーロン・タパレス(フィリピン)にミットを受けてもらったことがきっかけで、ボクサーの道に進んだ。

 小4の2012年夏、タパレスに会いにセブ島のジムを訪れ、練習環境に引かれた。翌2月に移住し、小5から現地のインターナショナルスクールに通いながら競技に打ち込んだ。

 週に1度はジム主催の大会に出場した。「当日計量がなく、いきなりでかい選手が来たりと何でもありだった」という。「パンチも強く、ガードしても吹っ飛ばされてしまう。めちゃめちゃ鍛えられた」。タフな環境でスピードやパンチ力が磨かれた。

名伯楽のミット―ボクシング王国・沖縄金城眞吉の道
磯野 直
沖縄タイムス社
売り上げランキング: 635,938

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS