相手は夏の選手権沖縄大会1回戦で敗れた名護商工。雪辱に燃える知念は2-2の同点で迎えた九回に打者一巡の猛攻で4点を奪い、試合を決めた。「悔しさを味わった3年生の思いが選手を後押ししてくれた」。大城盛隆監督は試合後、目を赤く腫らし、逆転勝利の味をかみしめた。