近隣校の小禄とは練習試合で顔を合わせ、手の内を知る同士。中盤まで0-0の接戦にも豊見城の金城聡監督は「守備で失点を抑えて少ないチャンスをものにする、似たチームカラー。競るのは必然で我慢比べだった」と焦りはなかった。 均衡を破ったのは七回裏。