【中部】「辺野古違法確認訴訟」判決で、福岡高裁那覇支部の多見谷寿郎裁判長は日米合意した航空機騒音規制措置(騒音防止協定)について「騒音被害や危険性が軽減できる程度は小さい」と、その実効性を否定した。普天間と嘉手納の爆音訴訟弁護団や基地周辺の住民らは「守っても意味がないと言っているに等しい」と指摘。