遠浅の海岸が広がる与勝海岸のサーフエリア。秋から冬にかけて、夜間の下げ潮の時間帯になると決まって大型魚の回遊が見られるという場所に通うのはチームFFTの山内盛竜さんと小嶺裕也さん。実績ある砂浜に釣り座を構え15日の午後9時にスタート。餌のシガヤーダコに数多くの反応が出る。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。