県NIE推進協議会(山内彰会長)の教師向け研修第14回おきなわNIEセミナーが24日午後、那覇市の沖縄タイムス社であった。小中高校の教師など約20人が参加。プール学院大学教育学部の今宮信吾准教授を講師に、誰でも気軽に取り組め、コミュニケーション力を磨く「はがき新聞」の魅力を体験した。

はがき新聞の特徴と活用法を紹介する今宮信吾准教授=日、那覇市の沖縄タイムス社2階ギャラリー

 今宮准教授は、伝えたいことを要約し語彙(ごい)力が養われるはがきの要素と、レイアウト力や見出しなど新聞の要素を併せ持つはがき新聞の特徴を説明。小さなサイズで効果的に伝える工夫を通じ、表現力を鍛える手法を紹介した。

 参加者はワークショップで、沖縄独特の言葉や行事などを県外の人へ紹介することをテーマに、それぞれイラストやカラフルな見出し、吹き出しを添えて「カジマヤー新聞」「カニメガ新聞」「カメーカメー新聞」などユニークなタイトルのはがき新聞を作った。できあがるとすぐ印刷して参加者全員へ互いに配り、はがきならではの「伝える」楽しさも体感していた。