B型肝炎訴訟で和解した男性に対し沖縄市と県が決定した生活保護費返還を厚生労働省が取り消したのは、男性が生活保護を受ける以前から資力を有していたという判断を「誤り」と認めたからだ。 男性は和解成立後に「未発症者(キャリア)」から「慢性肝炎」となり、病態進展に伴い追加給付金を受けた。