強い台風17号は25日正午現在、暴風域を伴い発達しながらフィリピンの東を時速約20キロで西北西に進んでいる。宮古島・石垣島・西表島が26日昼前に、与那国島が昼過ぎに強風域に入る恐れがある。台風は27日にかけて「非常に強い」勢力となり、八重山地方の南の海上へ接近する見込みで、進路によっては先島諸島が暴風域に入る恐れも。海上は大しけとなり、気象庁は早めの台風対策を呼び掛けている。
 台風の中心気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心から半径170キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。
 24時間後の26日正午には沖縄の南の北緯21度10分、東経126度05分を中心とする半径110キロの円内に達する見込み。中心の気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速70メートルが予想されている。
 また八重山では26日午後から1時間に60ミリ以上の非常に激しい雨となる見込みで、気象庁が浸水や河川の増水に注意するよう呼び掛けている。

ひまわり8号リアルタイムWebがとらえた台風17号

台風17号の進路予想図(気象庁HPから)

ひまわり8号リアルタイムWebがとらえた台風17号 台風17号の進路予想図(気象庁HPから)