大型で強い台風17号は26日午前3時現在、沖縄の南にあり、暴風域を伴いながら時速20キロで西北西に進んでいる。沖縄気象台によると台風は海水温の高い海域を進むため、今後さらに発達しながら西北西に進み、26日から非常に強い勢力で先島諸島へ接近する。石垣島地方が今夜遅く(午後9時~12時)から暴風域に入る見込みで、進路によっては宮古島地方も暴風となる恐れがある。

台風17号の進路予想図(気象庁HPから)

 中心気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心から半径130キロ以内では風速25メートル以上の暴風域で、東側650キロ以内と西側390キロ以内では風速15メートル以上の強風域となっている。

 八重山地方では、26日から27日にかけて局地的に激しい雨が降る恐れがある。27日午前0時までの24時間予想雨量は100ミリ。

 沖縄旅客船協会によると、25日は石垣島と周辺離島を結ぶ便を中心に37便が欠航した。26日は石垣島と離島を結ぶ219便が欠航を決め、その他の便は同日朝運航を決める。空の便は全日空が9便、ソラシドエアが1便欠航を決めており、約1千人に影響が出る。