1-4と興南3点のビハインド。敗色ムードも漂い始めた八回表、それまで8残塁と一本が出なかった打線が「打撃投手を務めてくれたメンバー外の仲間のためにも1点で終われない」(2番・伊礼希龍)と気持ちでつながった。 2長短打と四球で1死満塁とし、8番・渡久地永季の適時打や遊ゴロの間に2点を返した。