投打に勢い 3連打で一気逆転 甲子園に出場した前チームをほうふつさせる集中打だった。嘉手納は2点を追う三回、4安打で追いつくと、四回は2死から7番松田幸太、8番古謝奎斗の連続安打で一、二塁とし、9番新垣見頼が左翼手の頭上をライナーで越える2点二塁打を放って逆転した。