緊急登板の宮城好投

 長短8安打で7得点と効率良く加点した知念がコールド勝ちで3年ぶりの8強入りを果たした。大城盛隆監督は「日頃の練習も含め、きついときにこそ声を出せるチーム。粘りの野球ができた」と目を細めた。

知念-浦添商 2回表知念2死満塁、山城響が右越えの3点適時三塁打を放つ=コザしんきんスタジアム(長崎健一撮影)

 ビッグイニングは二回に訪れた。1死走者なしから8番具志堅渉の中前打を皮切りに、犠打や単打で2死満塁のチャンス。3番山城響のフェンス直撃の走者一掃の三塁打、5番上原翔の左翼線への適時二塁打で一気に4点を挙げた。

 投げては宮城隆弥が7回を3安打に抑える好投。日頃は三塁手を務めるが、エース大城拓巳のけがのため、当日の朝に先発を告げられた。「試合前から指が震えていた」というが、ナインからの声掛けや手作りのお守りをポケットに忍ばせ、気持ちを落ち着かせた。「エースを休ませたくてコントロールを重視し、低めに投げることを意識した。バックの支えのおかげ」と満面の笑みだった。