大型で強い台風17号は26日午前9時現在、発達しながら沖縄の南の海上を時速約20キロで西に進んでおり、同日夜から27日にかけて非常に強い勢力で先島諸島に接近する見込み。26日夕方(午後3~6時)には石垣島地方に暴風警報を発表する予定で、石垣島地方は同日夜遅く(午後9~12時)、与那国島地方も27日明け方(午前3~6時)に暴風となるとみられ、沖縄気象台が警戒を呼び掛けている。

ひまわり8号リアルタイムWebがとらえた台風17号(26日午前9時10分現在)

 沖縄地方の沿岸海域はうねりを伴い、大しけとなっている。先島諸島は26日夕方から27日にかけて猛烈なしけとなり、海上や海岸付近では高波に厳重な警戒が必要。

 台風の中心気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心から半径130キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。中心の北東側650キロ以内と南西側390キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 26日18時には石垣島の南南東約350キロの北緯21度30分、東経125度30分を中心とする半径70キロの円内に達し、「非常に強い」台風になる見込み。中心の気圧は940ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は65メートルに発達するという。

 27日午前6時には石垣島の南南西約240キロの北緯22度30分、東経123度05分を中心とする半径110キロの円内に達する見込み。中心の気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルが予想される。