那覇市議会(金城徹議長)の過半数の議員が議長の辞職を求めて審議に応じていない問題で、金城議長は26日、全会派代表者会議を開き、10月5日に辞表を提出する考えを明らかにした。10月7日の9月定例会最終本会議で新議長選挙が開かれる見通し。

金城徹議長

金城徹議長

 金城議長は会議後の会見で、辞任理由について「議会が空転を続けることは市民にとって大変不利益になる。(辞職を求める4度の決議に)道理が通らなくても(空転の)道義的責任は議長にある」と述べた。

 金城議長は辞職を求める4度の決議を賛成多数で可決されたが「辞任に値する理由はなく理不尽だ」として応じていなかった。一連の混乱で、9月7日開会の市議会9月定例会は審議のできない異常事態が続いていた。

 金城議長の辞意表明で反議長派の議員が審議に応じ、延会を続けていた代表質問が26日午後から始まった。